知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

信用取引について

近年の投資には、債権や不動産など様々な投資対象が存在します。
その中でも株式への投資を行う場合の手法の一つに「信用取引」という手法があります。
この信用取引というのは、金融関係で用いられる用語の一つで、株式を取引する時に株式や株式購入をする際の資金を証券会社から借りることで、株式の売買を行うという投資手法のことを言います。
また、この信用取引という言葉は、英語読みのまま「マージン」と呼ばれることがあり、また、現物取引と対比して使用されることが多い言葉になっています。
この信用取引というものは、戦後に証券取引所が再開されるに当たって、GHQは、「取引所三原則」というものを定めました。
その取引所三原則の中の一つに「清算取引の禁止」と言うのを指示しました。
この精算取引は、明治以降の株式取引の中心的なものであり、アメリカの先物取引を参考にして創設されたものですがGHQは、それを否定しました。
その一方で、証券業者側では、戦前の精算取引を行った経験へのこだわりを忘れることが出来ず、「取引の規模を拡大する」という単純極まりない意味での市場振興策の一つとして、精算取引の復活を訴えていました。
結果的には1950年代頃に、この証券業者の業界の主張を部分的に受け入れるという形で話がまとまり、市場の厚みを増すための仮需給を導入するという名目の下で、この信用取引制度が創設されました。
この株式の信用取引は、基本的には買い付けた株式や売り付けた株式などの代金そのものを投資家が直接手にするわけではなく、あくまでも株式の売買によって生じた差額のみを受け取るあるいは支払うというものになっています。
また、日本で信用取引を利用する場合は、証券会社に信用取引専用の口座を開設する必要があります。
また、この信用取引は普通の投資に比べて、損益が膨大な額になりやすいという特徴があります。
そのため、実際に利用する場合には、通常の投資以上に取引制度を十分に理解しておく必要があり、口座開設を行う場合には、証券会社が審査を行っているため、何らかの問題がある人間は、信用取引を始めることが出来ないという仕組みになっています。
ただし、このような厳しい審査や基準があるのは日本の場合であり、他国では、ある程度の条件を満たしていれば、審査なしで口座開設することが出来る場合が多いですが信用取引を始める前の口座開設の段階で、ある程度の審査ないし条件があるというのは変わらないようです。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.