知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

投信にかかるコスト

昔から現在に至るまで、企業や経済、あるいは国そのものを成長させて発展させるための手段の一つとして用いられてきたのがこの投資というものです。
そして、その投資と密接な関係にあるものが投資信託、略して投信と呼ばれるものです。
この投資信託を利用した投資を行った場合には、通常の投資と同様で利益を得るためには、それ相応のリスクを背負う必要があります。
どんな人間でも、リスクが低くて、見返りが大きいという形が理想的な商売になるのは当然ですが世の中は、それ程甘いものではありません。
大きい見返りを期待するのであれば、それなりに高いリスクを背負うというのが世の常というものになります。
そして、これらのものには、リスクの他にコストというものがかかる場合がほとんどです。
コストつまり、「手数料」ということで、大抵のものには、リスクとリターンの問題の他にリスクという問題が存在します。
では、この投資信託に必要なコストには、どのようなものがあるのでしょうか?
投資信託では、運用を外部に委託するという仕組みであるため、購入時であったり、運用期間中であったり、解約や買収請求時などで所定の手数料、つまりコストが必要になります。
例えば「販売手数料」というコストがかかります。
この販売手数料と言うのは、投資家が投資信託を購入する時に、徴収されるもののことを言います。
またこの販売手数料は、同じ投資信託であっても、購入する時の金額や金融機関の違いなどによって、手数料が若干異なる場合があります。
また、この販売手数料が無料である販売会社も存在するため、事前の確認が必要になっています。
次は「信託報酬」と呼ばれるコストがかかります。
この信託報酬というのは、投資信託が運用期間中である時に、運用会社と販売会社によって徴収されるものになっています。
この信託報酬は、年間の徴収率というものが初めから定められていて、信託財産の内の純資産総額から毎日、差し引くという形で徴収するというのが一般的な徴収方法になっています。
また、これは販売手数料とは異なり、所有額や販売会社などによる差異はありません。
この他にも「信託財産保留額」や「解約手数料」など、様々な面でコストがかかってしまいます。
しかし、場合によっては手数料が無料になる項目も存在するため、投資信託を購入する前に、どこだとコストが無料なのか、どこだとコストが高いのかなどの下調べが必要であり、一番条件と合致した金融機関を見つけることが成功の鍵になるのではないかと思います。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.