知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

投信の分類

一般的に多くの投資家によって販売会社を通して出資や拠出され、プールされた資金をアセット・マネージャーと呼ばれる資産運用の専門家が株式や債権などや金融派生商品などの金融資産などや、あるいは不動産などに投資するなどの手段を指図することによって、運用成果を投資家に分配するということを目的にした金融商品のことを投資信託と言います。
しかし、一口に投資信託と言っても例えば応募期間などの違いやSPVの形態による違いなどによって、細かく分類されています。
まず、応募期間の違いによる分類とはどのようなものなのでしょうか?
この投資信託は、応募期間の違いによって「オープンファンド」と「クローズドファンド」という二つに分類することが出来ます。
まず、オープンファンドというのは、一部の禁止措置が出されていない限り、基本的にいつでも買い付けることが可能であり、比較的自由に買い付けを行うことが出来ます。
また、解約や売却などもいつでも自由に行うことが出来ます。
逆にクローズドファンドの場合は、買い付けを行える期間が決められていて、その期間外には、一切の買い付けが行えないとされていて、ファンドの種類によっては解約や売却を行う際にも期間制限が設けられている場合があるようです。
この他にも運用期間の違いによる分類というのもあります。
この運用期間の違いによる分類には「無期限ファンド」と「有限ファンド」という二つに分類されています。
まず、無期限ファンドと言うのは、文字通り運用期間が定められていないもののことを言います。
規約で定められている最低総資産を下回らない限り、半永久的に運用を継続することが出来ます。
次の有限ファンドというのは、例えば「2013年12月31日まで」というように運用期間が予め定められているもののことを言います。
この場合は、その指定期間に到達した時点で運用が終了されます。
しかし、有限であると言っても絶対にその指定期間で終了するというものではなく、運用期間中の成績如何では運用期間の延長なども割と頻繁に行われているようです。
他にも「投資家が自由に償還を求めることに対する可否による分類」などの分類もあります。
また、この場合は「オープンエンド型」と「クローズドエンド型」という二つに分類されるように、基本的にオープンかクローズドかという二種類に分類されることが多いようです。
このように、投資信託と言っても、様々なルールやそれに伴う分類がされているため、自分が投資信託を利用する上で、どのような分類のものを選ぶ方がより有益であるかということをしっかりと考えた上で、行動を起こすべきであると言えると思います。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.