知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

少額投資非課税制度の概要

現在では、この投資という制度は一般に広く普及しています。
昔は、それこそ投資を行っている投資家イコールお金持ちの人という認識が強く、一般市民には無縁のビジネスであると思われていました。
しかし、近年ではその状況が一変していて、主婦などの一般人であっても投資が行えるようになっています。
この投資は、ギャンブルと似た性質があることからもわかるように、時には大金が動き、会社の先行きを大きく左右するのはもちろんですが下手をすると国単位の問題にまでなりかねない、という非常に大きな影響を与える可能性があるのがこの投資というものです。
これだけ大掛かりなものである投資には、当然ですが厳しいルールやマナーなどが定められています。
これは、世界共通のものもあれば、それぞれの国によって異なるものもあります。
そして、この投資という行為に対して日本が独自に定めたものに「少額投資非課税制度」という制度があります。
この少額投資非課税制度というのは、株式や投資信託などの投資に対して、通常は売却益や配当などに対して20%の課税を必要とするというのが税制という制度によって定められていますがこれを年間100万円を上限に非課税にするというのがこの少額投資非課税制度という制度になっています。
ただし、この少額投資非課税制度を受けるためには、金融機関でこの制度が適用される「非課税口座」と言う口座を通常の取り引き口座とは別に開設する必要があります。
この少額投資非課税制度をもっと端的に言うと、個人の株式や投資信託などの売買から生じる所得に対する課税を、一定の条件下で非課税にする日本独自の制度になっています。
これは非課税口座から投資を行った場合にのみ適応される制度になっています。
この少額投資非課税制度という制度は、日本独自の制度であると言いましたがそれは、あくまでも日本独自のルールの下で行われている制度であるということであり、海外にも似たような制度を持っている国は存在しています。
特に英国では、居住者に対して類似している少額投資を非課税制度のように優遇する制度である「個人貯蓄口座」通称「ISA」と呼ばれている制度が1999年頃に開始されています。
また、日本の非課税口座は、この英国にある口座と制度を参考にして作られたものであるため、日本での非課税口座のことを通称で「ISA口座」や「日本版ISA」などと呼ばれることもあります。
このように、少額投資非課税制度と非課税口座などのものは日本独自といっても、英国の制度を参考にしているため、日本独自ではなく非課税制度の日本バージョンであると言った方が適切かもしれません。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.