知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

株式による種類と利益

一般的に投資という言葉を聞いて、大抵の人は最初に「株式投資」つまり株を連想するのではないかと思います。
では、この株や株式と呼ばれるものは、どのようなもののことを言うのかと言うと、この株式は、企業が発行している株つまり券のことを言います。
基本的に起業などを行う場合には、多額の資金が必要になります。
しかし、その額は予想を超える程の大金になる場合もあるため、起業主だけで用意出来るものではありません。
それでは、会社を動かすことが出来ないため、株式という券を発行します。
そして、その株式を投資家などに「一株いくら」という計算のもとで購入して貰います。
その株式を購入して貰ったことで発生した金銭を元手に会社の起業を成功させるという仕組みになっています。
また、この株式を購入した投資家は「株主」という立場になり、その株主が購入した株を発行している会社が利益をあげて成長すればするほど、株の価値があがっていきます。
そして、この最初に購入した時点よりも価値があがっている株を売却することで、株主はその差額分の利益を手に入れることが出来るというのがこの株式投資の醍醐味であると言われています。
しかし、裏を返せば、会社の利益があがらず、倒産寸前のような追い込まれた状態の時などに起こる現象が最初に購入した金額よりも価値が下がってしまっているという状態です。
この状態で、株式を売却してしまうと利益が全くないどころかマイナスになってしまうというリスクがあります。
そんな状態から会社が立て直すことは非常に困難であるため、これから発展しそうな会社を選んで、一番差額が高い時期に売却するというのが株式投資を行う上での理想的な形であると言えると思います。
そんな株式投資の利益には二つの種類が存在しています。
その二つは「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」というものになります。
まず、キャピタルゲインというのは、この株式投資の最もオーソドックスな方法であり、それは上記のように株式を購入して株主になり、株式の価値が最も高くなった時に売却して、その差額を利益とすることをキャピタルゲインと言います。
そして、もう一つインカムゲインという利益があります。
このインカムゲインは、会社側が株主に対して行う「配当」などによる利益というのがあります。
この配当とは、会社が株主に対して、会社の成長しようと衰退しようと、経営が上向きでも下向きでも関係なく、「一株○○円」というような一定額の見返りを得ることが出来るというのがこのインカムゲインという利益になっています。
また、このインカムゲインでの報酬になる配当金は、一株単位の額も会社ごとに異なり、また、この配当金という制度自体がない会社もあるため、このインカムゲインという利益を当てにし過ぎない方が賢明であると言えると思います。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.