知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

経済学に対する活動

現代社会では、投資という活動に該当する行為は数多く存在していますが大きく分けると二種類に分類することが出来ます。
一つ目は、株式や債権、不動産などの金融に関連した投資というものです。
そして、二つ目が「経済学に関連した投資」というものです。
では、この経済学に対する投資とは、具体的にはどのようなもののことを言うのでしょうか?
この経済学に対する投資というのは、生産手段である「資本」を増加させることを言い、資本形成と呼ばれる場合もあります。
具体的には、設備投資や公共投資などがこの経済学に対する投資に該当する投資形態になっています。
また、これらの投資は、民間資本や社会資本などを増加させることによって、経済そのものの生産力を向上させるという目的があります。
また、同時に生産設備などの「投資財」を需要することにも繋がっていて、これらが合わさることで乗数効果が発生して、この効果によって需要拡張効果という効果も発生します。
また、この投資財というものは、ギャンブルで言う所の賭け金のようなものであり、「財を生み出すための財」のことを指しています。
このように、投資というものは供給力を増加させると同時に、需要も増加させることが出来るという一石二鳥なものであると言えると思います。
閉鎖経済と呼ばれる経済では、この需要が均衡するというものが例えるなら「ナイフの上を歩くという行為」ぐらい厳しい条件があり、困難であると言われています。
しかし、開放経済という経済においては、貿易という行為がこれらの「需要ギャップ」というものを吸収してしまいます。
つまり、このような開放経済を実行出来ている国では、投資が盛り上がることによって、需給のバランスを保つことが出来る「黄金時代」というものを迎えることが出来ると言われています。
一般的に、投資というものには利子率つまり金利というものが必ず関わってきます。
そして、この金利が低下すると投資は拡大する、つまり投資家や投資額などが増えるという傾向にあるようです。
これは、将来の投資採算性の低下率が利子率の低下率よりも低く抑えることが出来る環境の場合は、利子率が低下することによって低コストで資金を調達することが出来て、収益率が低いとされる投資を行うことによる収益性を改善することが出来るという期待が一般的に形成されるというのが金利が下がると投資が拡大するという現象の理由であると言われています。
このように、金融に対しても経済学に対しても、投資という行為は奥が深いものであり、生半可な知識や覚悟で行ってしまうと、痛い目を見る可能性が高いため、注意が必要であると言えると思います。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.