知っておきたい!成功するための投資ガイド

知っておきたい!成功するための投資ガイド

信用取引の売り買いと注意点

株式による投資の手法の一つに信用取引と呼ばれるものがあります。
この信用取引には、「信用買い」と「信用売り」というものがあります。
まず、信用買いについてですがこれは、まず、投資家というものは、証券会社からその資金を借り入れることによって株式を買い付けます。
そして、この買い付けた株式は基本的に証券会社が管理して、定められた期間内にこの株式の売りつけを行うという仕組みになっています。
そして、買い付け時と売りつけ時の代金の間に生じる差額を受け取るあるいは支払います。
また、この株式は買い付け時よりも株価が上がれば上がる程利益になり、上限がないのが特徴です。
しかし、上限なく利益が上がる可能性があるのと同時に株価が下がってしまうと損失が発生してしまいます。
しかし、この株価が下がるのには限界が存在していて、その株式の対象企業が倒産などによってまったくの無価値になってしまった場合の損失が最大であると言われています。
また、この信用取引で売買した株式については、通常の投資とは異なり、配当金などを投資家が直接受け取ることが出来ないとされています。
これが信用取引による信用買いというものになります。
では、信用売りとはどのようなものでしょうか?
投資家は、証券会社から株式を借り入れることによって、それを市場で売却することで損益を発生させます。
また、この時の売却代金は証券会社が管理しています。
そして、定められた期間内に同じ銘柄の株式の買い付けを行い、売却時と買い付け時の差額を受け取るかあるいは、支払うものになっています。
また、株式の売却時よりも株価が下がれば利益になり、倒産などの理由で株式が無価値になってしまった場合が最大の利益を得られる機会であり、逆に株価が上昇してしまう場合は損失になってしまい、それには上限がありません。
これが信用取引による信用売りというものになります。
このように、信用買いと信用売りでは、例えば、株価の上昇か下降かであったり、利益になるか損失になるかなど、お互いの条件が反対であったり逆であったりはするものの、基本的にそのまま売買の違いと同様です。
この信用取引においては、自己資金以上の取引を行うことが可能であるため、計画性がなく、不用意に大きな取引を行ってしまった場合に、予想が外れたら、借入れている株式や株式の購入資金などを定められた期日までに返済することが出来なくなるという最も最悪な自体に陥る危険性があるため、注意が必要になります。
このように、株式に限らず、投資というものは、行き当たりばったりで直感で行うのではなく、自身の総資産と株式の価値や投資の手法などいろいろなものを計算して、利益を得たときよりも、損失になった場合に自分が生きていられるのかを計算して、慎重に行うのが安全な方法ではないかと思います。

Copyright (C)2017知っておきたい!成功するための投資ガイド.All rights reserved.